ドッグフード グレインフリー高タンパク質を基準に選んでみた

元気がない、食欲がない、便がゆるい、涙やけがひどい、毛質が悪い、糞を食べる、アレルギー

子のドッグフードは好みじゃない!最近気になる、うちの子の症状…

その原因は、ひょっとすると

『ワンちゃんの食事』

にあるのかもしれません。

 

もともと犬の祖先のオオカミは何を食べていたのか?

そこを突き詰めたところに・・・ワンちゃんが喜ぶ健康な食事がありました。

ドッグフードを替えることが、ワンちゃんの元気を取り戻すキッカケになるかもしれません。

目次

犬のしつけはオオカミ流なのになぜ食事は?

お肉が欲しいワン!

テレビの動物番組や、ドッグトレーナーの犬のしつけ方を見ていると、犬の祖先であるオオカミの習性を利用してしつけていることがよく分かります。

もともと犬の祖先であるオオカミは群れで暮らし、群れの中では上下関係(序列)があり、その上下関係は主従関係ではなく、信頼関係で結ばれています。

寝床のそばで尿の臭いがすると敵に察知されやすくなるし、獲物を狩るときに声を上げればねらった獲物は逃げてしまいます。

そのことをちゃんと理解して、トイレトレーニングや無駄吠えのしつけを行っているんですね。

 

しかし、ワンちゃんの食事に関してはどうでしょうか?

 

ペットフードメーカーとつながっているペットショップや動物病院のすすめるドッグフード、ドラッグストアの安価なドッグフードをただ与えていませんか?

ペットフードの中にはワンちゃんにとって危険とされる食品や添加物が入っているものも少なくありません。

このサイトでは、犬の祖先であるオオカミのエサを第一の基準として、高品質で、高タンパク質、しかもグレインフリーなドッグフードを厳選して紹介いたしますのでぜひ参考にしてくださいね。

犬の祖先はオオカミ

恐竜が滅んで哺乳類の時代になりオオカミが出現し、犬(分類学上はイエイヌ)が生まれるまでのお話しです。

興味のある方だけ読んでみてください。

雑誌「愛犬の友」に載っていた東京農業大学の増田先生のお話です。

オオカミの進化の過程

地球上で栄華を誇っていた恐竜が滅んでしばらくたった今から5400万年ほど前、樹上で暮らしていたイタチやリスに見た目が似ていたと言われる「ミアキス」という肉食哺乳類が登場します。

3800万年前、進化したミアキスは、より森の中での樹上生活に適するように進化した「プロアイルルス」と、草原に出て獲物を捕まえることを試みた「ヘスパーオシオン」に進化します。プロアイルルスは猫科の祖先となります。

ヘスパーオシオンは、草原に出た時点で身を隠す場所がないので、自分自身の安全のため、獲物を捕まえるために群れで行動をしていたと考えられています。

1200万年前、見た目もオオカミに近い「レプトシオン」に進化します。

そして、200万年前、現在も地球上に生息するオオカミコヨーテジャッカルなどが出現します。

200万年前に出現したオオカミは大陸をまたいで移動し、おもにヨーロッパ~ユーラシアに生息するタイリクオオカミ(ヨーロッパオオカミ)、中国オオカミインドオオカミ北アメリカオオカミに分かれました。

タイリクオオカミほとんどの犬の祖先と考えられている(ニホンオオカミもタイリクオオカミの仲間)

中国オオカミ中国犬種の祖先と考えられている

インドオオカミグレイハウンドの祖先と考えられている

北アメリカオオカミエスキモー犬の祖先と考えられている

いよいよ1万数千年前になり、イエイヌが誕生しました。

イエイヌ誕生には2つの仮説が有力視されています。

  • オオカミが棲んでいる土地に暮らす人の残飯を目当てに、好奇心の強いオオカミが人に近づいていき、そこに居合わせた好奇心の強い人がオオカミを恐れずにエサを与えた
  • 群れからはぐれた子オオカミに、ヒトが食べ物を与えて手なずけた

やがて人のそばで暮らすようになったオオカミはその優れた聴覚や臭覚で番犬としての役割を果たすようになり、両者にとってウィンウィンの関係となって犬が誕生したと言われています。

 

分類学的に見ると

オオカミは食肉目イヌ科タイリクオオカミ種

イエイヌは食肉目イヌ科タイリクオオカミ種亜種

イヌ科タイリクオオカミ種亜種はオオカミから進化したとされており、野生のイヌは解剖学的にも行動学的にも狼にそっくりなのです。

そして、犬の消化器官はその間ずっと変わっていないのです。

オオカミのエサはなに?

オオカミは肉食

では、野生のオオカミのエサと、動物園で飼育されているオオカミの食事を見てみましょう。

そこに、ワンちゃんが喜ぶ食事の秘密を解くカギがあります。

野生のオオカミのエサ

オオカミは肉食で、シカ・イノシシ・野生のヤギなどの有蹄類、ネズミ、プレーリードッグ、ノウサギ、アライグマなどの小動物を狩る。

餌が少ないときには、ヘビ、トカゲ、カエルなどに加え、ある種の果物・植物を食料とすることもあり、人間の生活圏で家畜や残飯を食べたりもする。

 

動物園のオオカミの食事

馬肉、鹿肉、牛肉、鶏肉(成鳥またはひよこ)などの生肉が主で、牛骨や豚足などを時間をかけてかじらせている動物園もある。中にはウサギ肉や魚を与えているところもある。

栄養のバランスを考え、肉にビタミン剤を入れて与えている動物園が大半で、野菜や果物を与えている動物園もある。

犬の骨格・消化器官は肉食に適している

犬には肉食動物にみられる典型的な特徴が3つ見られます。

肉食に適した犬の骨格

口と歯

  • 1つの関節でつながる大きく開く口(あご)と強い筋肉
  • 捕らえた獲物の肉を引き裂くのに適した鋭くとがった歯
  • 肉をまるごと飲み込み、骨を砕くのに適した口と歯の構造

*ちなみに犬の歯はオオカミと同じ42本。ヒトはチンパンジーと同じ32本です。

唾液

  • 草食動物や雑食のヒトの唾液には穀物に含まれる炭水化物を分解する消化酵素アミラーゼが含まれているが、肉食動物の唾液にその酵素は含まれていない

消化管の長さ

  • 犬の消化管の長さは体長の5~6倍なのに対して、草食動物である牛や羊は体長の20~25倍もある
  • その理由は、肉(動物細胞)が消化されやすいのに対して、草や穀物などの植物(植物細胞)が消化されにくく分解吸収するのに時間がかかるため
  • 植物細胞は細胞壁という固い殻に覆われているので消化しにくいのに対して、動物細胞にはこのような細胞壁がないので非常に消化が良いうえに早い

 

子のドッグフードは好みじゃない!このように、犬は肉のようなタンパク質の多い食事に適した体の構造をしています。これは大型犬であろうが小型犬であろうが関係なく、すべてのワンちゃん共通です。

そのためトウモロコシ(コーン)、小麦、米などの炭水化物からなる穀物(グレイン)のたくさん入った低価格のドッグフードは、犬にとって大変消化しにくく、栄養としても利用が難しい食事となるのです。

こんなフードを食べ続けなければならないなんて・・・とワンちゃんは思っているかもしれませんね。

ちょっと値段は上がりますが、ドッグフードをワンちゃんが喜ぶものに代えてあげるだけで、いまお悩みの症状が徐々に治まってくるかもしれません。

市販・通販のドッグフードからこの基準で選びました!

これまでのお話しで、ワンちゃんが一番喜ぶ食事はタンパク質のかたまりである肉や内臓、骨であることはお判りいただけたと思います。

しかし、実際に食事としてこれらの物を与えるのは大変ですよね。

このサイトでは、娘にせがまれ今度うちで迎えようと思っている小型犬(シュナを予定)を想定し、一般的なドライフードでワンちゃんが喜びそうなドッグフードを探してみました。

ドッグフードを選んだ基準は以下の通りです。

肉類(獣肉・魚肉)の使用量が圧倒的に多いこと!

ドッグフードを選ぶ基準1 肉類の含有量が多いこと

最大で最重要な基準は、もちろん肉類(獣肉・魚肉)の配合量が多いことです。

ドッグフードメーカーにより、肉類の使用量が書いてあるところとないところがあります。

よって、このサイトでは、基本的には肉類の配合量の多さに比例する数値である成分表の中の『粗タンパク質』の数値で比較しました。

 

・実際、犬にはどのくらいのタンパク質が必要なのか?

・タンパク質の多い食事は犬の腎臓に悪いのでは?

という疑問については、コラムで詳しく触れていますが、かいつまんでお話ししますと

犬、特に子犬には肉類に代表される高品質のタンパク質が必要であり、野生の子犬では食事量の35-45%のタンパク質を摂取している。逆に低タンパク質食では発育不良や免疫反応の遅れが見られる。

シニア犬においても、腎臓に負担をかけるからとタンパク質を減らす食事を与えることがあるが、これも誤り。シニア犬も体のコンディションと筋肉を維持するために多くのタンパク質を必要としている

食事に含まれるタンパク質量と腎臓病の進行に何の関係もないことが実験で明らかになっている。

これは、腎臓機能が低下している犬にタンパク質含有量19%、27%、56%の食事を4年間与えた実験で明らかになっています。

耐久力とスタミナが要求されるパフォーマンス犬において、タンパク質含有量16%、24%、32%、40%の食事を与える実験が行われました。

結果は、16%と24%の食事を与えられた犬は、トレーニング中に負傷(16%では全頭)し、トレーニング続行不可能になったが、32%、40%の犬は実験期間中全く負傷はありませんでした

このような結果を踏まえ、このサイトでは、粗タンパク質30%以上のドッグフードを選びました。

グレインフリー(ノーグレイン)であること

ドッグフードを選ぶ基準2 グレインフリーであること

犬の祖先であるオオカミの食事を見てみても、犬の消化器官の構造を見てみても小麦、米、トウモロコシ(コーン)などの穀物を消化吸収して栄養にするようにはできていません

穀物の入ったドッグフードは、ワンちゃんのおなかにとってとても負担が大きい食事なのです。

ドッグフードの袋の裏側に書いてある原材料名は、使用量の多い順に書いてあります。

その1番目、2番目に穀類が書かれているようなドッグフードは絶対に避けるべきです。

 

さらに言うと、

消化に負担がかかるのはもちろん、炭水化物が分解し、出来た糖分が血液に入ってくることで血糖値が上がる食事が続くことによる糖尿病の発症や、血糖値を下げるためのインシュリンの過剰な分泌はがんの発症へとつながっていきます。

食物繊維をとるために穀物も少しは必要と書いてあるドッグフードもありますが、食物繊維はオオカミも食べる野菜や果物からとればよいのです。

人工的な保存料、香料、着色料などは使用していないこと

ドッグフードを選ぶ基準3 合成保存料・着香剤・着色料を含まないこと

 

このサイトで紹介するドッグフードに関しては当然ながら、すべて不使用です。

犬を飼う人間にとって

見た目や香りが良かったり、賞味期限がのびたり良いことがあっても

ワンちゃんにとっては

全く必要ないものです!

かえってそれらを摂取することでアレルギーを引き起こしたり、発がん物質を体内に入れてしまうことになります。

野菜・果物が入っている時、その中に高GI値食品が含まれないこと

ドッグフードを選ぶ基準4 高GI値食品を含まないこと

野生のオオカミもエサとなる獲物が取れないときには特定の植物や果物を食べます。

動物園でもオオカミには少量の野菜や果物が与えられています。

果物や野菜にはビタミンやミネラルが豊富に含まれており、糖分は消化しなくてもそのまま吸収でき食物繊維は排便を促すので、適切な量であれば問題ありません。

ただし、

高GI値の野菜・果物が多く配合されているドッグフードは注意が必要です。

*GI値とは食後の血糖値の上昇度を示す指標で、高いほど血糖値が急激に上昇します

血糖値が急激に上昇すると、犬の体の中ではインシュリンが分泌され血糖値を下げようとします。

このインシュリンというホルモンには脂肪を作り出す働きもあるので肥満になりやすくなり、それが引き金となって生活習慣病へと進んでしまうこともあるのです。

 

高GI値食品ではポテト(GI値90)やタピオカ(GI値70)がドッグフードによく配合されています。

配合量が少ない分には良いのですが、原材料名の1番目、2番目にポテトやタピオカと書いてあるようなドッグフードは、たとえグレインフリーであってもドッグフードとしてはおすすめいたしません

ちなみに、よくドッグフードに使われる

サツマイモ(GI値55)は中GI値食品、

リンゴ(GI値36)や大豆(GI値30)など豆類は低GI値食品

です。

オメガ3・オメガ6脂肪酸を含むこと

ドッグフードを選ぶ基準5 オメガ3・オメガ6脂肪酸を含むこと

オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸の説明は、ちょっと難しくなるので割愛しますが、脂肪をつくる構成要素の一つです。

これらのオメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸には、

  • 体内でさまざまな働きを調節する物質(局所ホルモン)を作り出す
  • 子犬の発育には必要不可欠
  • 皮膚や被毛を健康に保つ
  • 正常な生殖機能をもたらす

などの働きがあります。

 

このサイトでご紹介するドッグフードにはすべて両方の脂肪酸が入っています。

ただし、注意点としてこれらの脂肪酸は構造上、酸化しやすいという欠点があります。

したがって、

  • なるべく新しく入荷したドッグフードを購入する
  • 外国産で輸入代理店でも楽天・アマゾン・ペットショップなどでも売っている場合には、できるだけ代理店から直接購入する
  • まとめて買わずに、1袋ずつこまめに購入する
  • 夏場など暑い時には、なるべく涼しいところに保管する

などの工夫が必要になります。

5つの基準をもとに選ばれた犬が喜ぶドッグフード

犬が喜ぶ高品質ドッグフード

始めに、上記5つの基準をもとに選んだ犬が喜ぶドッグフードをタンパク質含有量が多い順に表示します。

その後で、このような方にはこのドッグフードがおすすめという商品をピックアップして紹介いたします。

*価格に関しては、正規代理店がある場合はワンちゃんにできるだけ出来立てのフードを食べてもらいたいので代理店価格を表示しています

*正規代理店がない場合は、楽天かアマゾンでの価格(価格表示変わるのであくまで目安です)を表示しています

ペットショップなどの店舗、楽天、アマゾンで購入する際には、かならず賞味期限を確かめてください。ノーグレイン・高タンパク質のドッグフードは高額で、売れ筋ではないので賞味期限が短くなっている場合があります。

Ziwi ジウィ

グレインフリー高タンパク質フード ジウィピーク

全犬種 全年齢対応

454g、2.5㎏、4㎏袋

2.5㎏:約40日分(小型犬5㎏の1日分約60gで計算)

楽天・アマゾン:¥16,632~¥31,320(税込)

1日当りの食費:約400~750円(小型犬5㎏の場合)

ジウィはニュージーランドで作られる野生の獲物から得られる生肉食に近い食事。

全てニュージーランド産の新鮮なベニソン(鹿)、ラム、ビーフの生肉・内臓、マッカロー(鯖)、緑イガイを使用。

栄養素と酵素が損なわれないよう乾燥させて作られている

ほとんど生肉・内臓・魚介類からできているので、消化率が95%と高く、そのため糞の量も少なくなる

約15㎜×15㎜の四角いジャーキーという感じ。

ジウィピーク エアドライ ドッグフードの商品内容

商品名 粗タンパク質 高GI値食品 主な原材料(多い順に3つ)
ベニソン 45%以上 なし ベニソン生肉、ベニソントライプ生肉、ベニソンハート生肉
ラム 35%以上 なし ラム生肉、ラムハート生肉、ラムトライプ生肉
ニュージーランド グラスフェッドビーフ 38%以上 なし ビーフ生肉、ビーフハート生肉、ビーフキドニー生肉
ニュージーランド マッカロー&ラム 43%以上 なし マッカロー(サバ)、ラム生肉、ラムハート生肉
トライプ&ラム 36%以上 なし ラムトライプ生肉、ラム生肉、ラムハート生肉
ニュージーランド フリーレンジチキン 38%以上 なし チキン生肉、チキンレバー生肉、チキンハート生肉

*ベニソンは、犬の祖先オオカミが主に獲物としていた鹿肉(高タンパク低脂肪アレルゲンも少なく人気)

*トライプは、鹿や牛、羊などの反芻動物の胃袋。ワンちゃんも大好きで栄養のバランスも抜群

Orijen オリジン

グレインフリー高タンパク質ドッグフード オリジン

全犬種 全年齢対応 パピー・シニア用あり

340g、2㎏、5.9㎏、11.3㎏袋

2㎏:約33日分(小型犬5㎏の1日分約60gで計算 パピー用は1日分約80gで約25日分)

正規代理店(オリジンジャパン)価格:¥6,480~¥6,804(税込)

1日当りの食費:約194~204円(小型犬5㎏の場合)

オリジンはアメリカケンタッキー州の農地に囲まれた最先端キッチン(工場)で、「生物学的に適正で、地元の新鮮な原材料を使用する」ことをミッションとしてドッグフードが作られています。

地元の信頼できる生産者から調達された食材は、いつ・誰が・どこで飼育・生産・漁獲されたのか明確にされています。

原材料は肉類の含有率が85-90%で肉・臓器・軟骨を自然な食事と同比率で配合しています。

穀類は一切入っていません。血糖値を急上昇・急降下させるポテトなどの高GI値食品はもちろん、ビタミン・ミネラルさえ添加していません。オリジンの工場では原材料となる肉類を低温調理しているので、原材料に十分に含まれるビタミン・ミネラルが破壊されないので添加する必要もないのです

オリジンの商品内容

商品名 粗タンパク質 高GI値食品 主な原材料(多い順に3つ)
オリジナル 38%以上 なし 新鮮鶏肉, 新鮮七面鳥肉, 新鮮イエローテイルカレイ
シックスフィッシュ 38%以上 なし 新鮮丸ごと大西洋サバ, 新鮮丸ごと大西洋ニシン, 新鮮丸ごと大西洋カレイ
レジオナルレッド 38%以上 なし 新鮮アンガスビーフ, 新鮮イノシシ肉, 新鮮ヤギ肉
ツンドラ 40%以上 なし 新鮮ヤギ肉、新鮮イノシシ肉、新鮮鹿肉
フィット&トリム 42%以上 なし 新鮮鶏肉、新鮮鶏レバー、新鮮七面鳥レバー
パピー(小型犬・子犬) 38%以上 なし 新鮮鶏肉, 新鮮七面鳥肉, 新鮮イエローテイルカレイ
シニア(シニア) 38%以上 なし 新鮮鶏肉, 新鮮七面鳥肉, 新鮮イエローテイルカレイ

*ほかに、大型犬のパピー用の商品もあります

FINEPET’S ファインペッツ極(kiwami)

グレインフリー高タンパク質ドッグフード ファインペッツ極

全犬種 全年齢対応 

1.5㎏袋

約25日分(小型犬5㎏の1日分約60gで計算)

販売店価格:¥5,701(税込) 初回のみお試し価格¥1,080で買うことができます

1日当りの食費:約228円(小型犬5㎏の場合)

ファインペッツは、20年間輸入ドッグフードを販売してきた日本の会社が、その輸入フードをさらにブラッシュアップし新たなブランドとして立ち上げたドッグフードです。

「世界最高品質で安心安全に一生を通じて与えていただけるフード」と「エシカル(=環境や社会に配慮した工程・流通で製造された商品)でリーズナブルな価格のフード」を両立させた自信作です。

このブランドの中のファインペッツ極(KIWAMI)がグレインフリー・高タンパク質ドッグフードになります。

店頭販売のない通販専用商品です。購入回数が増えるほど価格が安くなる定期購入(周期は自由に選べる)もあります。

ファインペッツ極の商品内容

商品名 粗タンパク質 高GI値商品 主な原材料(多い順に3つ)
極(KIWAMI) 36% 原材料の4番目でポテト使用 フランス産アヒル肉、グリーンピース、鶏脂(天然由来成分にて酸化防止処理済み)

K9Natural ケーナイン ナチュラル

グレインフリー高タンパク質ドッグフード ケーナイン

全犬種 全年齢対応 

500g袋

約13日分(小型犬5㎏の1日分37.5gに水かぬるま湯112.5㏄を加えて与える)

楽天・アマゾン:¥5,996(税込)

1日当りの食費:約450円(小型犬5㎏の場合)

ケーナインナチュラルはニュージーランド産の良質な家畜・家禽の原材料を90%以上使用した、非加熱フリーズドライ生食フードです。

非加熱でフリーズドライ製法なので、おいしさも栄養素もそのまま生の状態と変わりません

犬本来の食事に近づけるために水かぬるま湯(37℃以下)で戻してから与えてください。熱湯で戻すとせっかくの肉に含まれる熱に弱い栄養素や酵素が働かなくなるので必ず水かぬるま湯を使ってください。

原材料の肉類は、放牧されて育った、健康な人間食用の家畜・家禽を用い、成長ホルモン剤や抗生物質、サプリメントなどは一切使用していません。

使用される野菜・果物も人間が食べられる新鮮な農産物を使用しています。

ケーナインナチュラルの商品内容

商品名 粗タンパク質 高GI値商品 主な原材料(多い順に3つ)
ラム フィースト 35.5%以上 なし 子羊肉(人間食用の家畜から生産される)、レバー(子羊)、心臓(子羊)
ビーフ フィースト 35%以上 なし 牛肉(人間食用の家畜から生産される)、レバー(牛)、グリーントライプ(牛)
チキン フィースト 48%以上 なし 鶏肉(人間食用の家禽から生産される)、卵、フラックスシードフレーク
パピー(子犬) 29.1%以上 なし 牛肉(人間食用の家畜から生産される)、血(牛)、グリーントライプ(牛)

*フラックスシードはオメガ3脂肪酸で有名な亜麻仁油がとれる亜麻仁の種

ACANA アカナ

グレインフリー高タンパク質ドッグフード アカナレジオナル&ヘリテージ

レジオナルシリーズは、全犬種 全年齢対応

ヘリテージシリーズは、パピー用が小型・中型・大型犬用、成犬用が小型・中大型犬用に分かれている

340g、2㎏、6㎏、11.4㎏袋

2㎏:約33日分(小型犬5㎏の1日分約60gで計算)

正規代理店(アカナファミリージャパン)価格:レジオナル¥6,264(税込)、ヘリテージ¥4,050(税込)

1日当りの食費:レジオナル 約188円、ヘリテージ 約122円(小型犬5㎏の場合)

アカナはオリジンの姉妹ブランドで、こちらは自社キッチン(工場)がカナダにあります。

単一動物原料50%のシングルシリーズ、動物原料60-75%のヘリテージシリーズ、動物原料70%のレジオナルシリーズがあるが、グレインフリーなのは、ヘリテージとレジオナルです。

オリジン同様、血糖値を急上昇・急降下させるポテトなどの高GI値食品は配合されていませんが、オリジンに比べて肉類の配合量がやや少ない分、野菜や果物、ハーブの配合量が多いのが特徴です

アカナレジオナルの商品内容

商品名 粗タンパク質 高GI値商品 主な原材料(多い順に3つ)
ワイルドプレイリー 35%以上 なし 新鮮鶏肉(8%)、新鮮七面鳥肉(8%)、新鮮鶏内臓(レバー、ハツ、腎臓)
パシフィカ 35%以上 なし 新鮮丸ごと太平洋ニシン (14%)、新鮮丸ごと太平洋イワシ(12%)、新鮮丸ごとアブラカレイ(8%)
グラスランド 35%以上 なし 草を与えられて育った生ラム肉(8%)、新鮮鴨肉(8%)、新鮮全卵(8%)
ランチランド 35%以上 なし 新鮮アンガス牛肉(8%)、草を与えられて育った生ラム肉(7%)、新鮮ヨークシャー種豚肉(7%)

アカナヘリテージの商品内容

商品名 粗タンパク質 高GI値商品 主な原材料(多い順に3つ)
パピースモールブリード(小型犬子犬) 33%以上 なし 新鮮鶏肉(16 %)、鶏肉ミール(13 %)、七面鳥肉ミール(12 %)
アダルトスモールブリード(小型犬成犬) 31% なし 新鮮鶏肉(16 %)、鶏肉ミール(13 %)、七面鳥肉ミール(12 %)
シニアドッグ 33%以上 なし 新鮮鶏肉(16 %)、鶏肉ミール(15 %)、七面鳥肉ミール(14 %)

*上記のほかにも中型犬、大型犬パピー用、中・大型成犬用のフードなどがあります

Nutro ニュートロ

グレインフリー高タンパク質ドッグフード ニュートロワイルドレシピ

ワイルドレシピは、超小型~小型犬用で、子犬用と成犬用あり

シュプレモレシピシリーズは、超小型~小型犬用で、成犬用

800g、2kg、4㎏袋

ワイルドレシピ2㎏:約23日分(小型犬5㎏の1日分約85gで計算)

シュプレモレシピシリーズ2㎏:約22日分(小型犬5㎏の1日分約90gで計算)

楽天・アマゾンでの価格:ワイルドレシピ¥2,512(税込)~ シュプレモレシピ¥3,758(税込)

1日あたりの食費:ワイルドレシピ約107円 シュプレモレシピ約169円

ニュートロにはワイルドレシピ、シュプレモ、ナチュラルチョイスの3シリーズがあります。

ワイルドレシピは肉食の祖先をもつワンちゃんが本能的に求める高タンパク、グレインフリーのシリーズです。

シュプレモは自然素材の高い栄養価そのままに、素材同士の組合せで相互作用を引き出すホリスティックブレンドが特徴です。

通常シュプレモには玄米・粗挽き米などグレインが入ってますが、シュプレモレシピシリーズはグレインフリーです。

全ての商品に製造工程でビタミン、ミネラルが添加されており、高GI値食品であるポテトやタピオカが入っている商品があります。

粗タンパク質の数値を上げるためか、動物性タンパク質より質の落ちる植物性タンパク質を含む豆類が多く配合されているのが気になります。

ニュートロ ワイルドレシピ(超小型犬~小型犬)の商品内容

商品名 粗タンパク質 高GI値商品 主な原材料(多い順に3つ)
ターキー(成犬用) 32%以上 原材料の5番目でポテト使用 タピオカも配合 ターキー(肉)、チキンミール、エンドウマメ
ビーフ(成犬用) 32%以上 原材料の5番目でポテト使用 タピオカも配合 ビーフ(肉)、エンドウマメ、ポークミール
チキン(成犬用) 32%以上 原材料の6番目でポテト使用 タピオカも配合 チキン生肉、乾燥チキン、ヒヨコマメ
サーモン(成犬用) 32%以上 原材料の5番目でポテト使用 サーモン、乾燥チキン、ヒヨコマメ
ラム(成犬用) 32%以上 原材料の7番目でポテト使用 ラム生肉、乾燥チキン、ヒヨコマメ
ターキー(子犬用) 34%以上 原材料の4番目でポテト使用 ターキー(肉)、チキンミール、エンドウマメ

ニュートロ シュプレモ レシピシリーズ(超小型犬~小型犬の成犬)の商品内容

商品名 粗タンパク質 高GI値商品 主な原材料(多い順に3つ)
草原のレシピ チキン 30%以上 原材料の5番目でポテト使用 チキン(肉)、チキンミール、エンドウ豆
牧場のレシピ ビーフ 29%以上 原材料の3番目でポテト使用 ビーフ(肉)、ポークミール、乾燥ポテト
地中海のレシピ 29%以上 原材料の5番目でポテト使用 ラム(肉)、ラムミール、ポークミール
湖畔のレシピ ダック 30%以上 原材料の5番目でポテト使用 ダック(肉)、チキンミール、レンズ豆

Symply Pet Foods シンプリーペットフーズ ピッコロ

グレインフリー高タンパク質ペットフード ピッコロ

全犬種 シニア用

1.5㎏袋

約17~30日分(小型犬5㎏の1日分約50g~85gで計算)

輸入代理店価格:¥3,960(税抜) 定期購入で10%割引あり(1袋ずつ定期購入の場合送料税込¥4540)

1日当りの食費:約151円~(小型犬5㎏の場合)

通販専用ドッグフードです。

イギリスのシンプリーペットフーズ社で作っているシニア専用のドッグフード「ピッコロ」を輸入代理店が輸入し、卸売りはせずにその代理店が通販でのみ販売しています。

ピッコロは、加齢に従い低下する犬の身体能力の底上げし筋肉量を維持するための高タンパク、運動時のスムーズな動きや潤いに欠かせないMSM(メチルスルフォニルメタン)やグルコサミン&コンドロイチン、すっきりを維持するリンゴの食物繊維などを配合したシニア専用のドッグフードです。

ピッコロの商品内容

商品名 粗タンパク質 高GI値商品 主な原材料(多い順に3つ)
ピッコロ 34% 原材料の5番目でポテト使用 骨抜きチキン生肉(31%)、骨抜き生サーモン(20%)、乾燥チキン(13%)

Symply Pet Foods シンプリーペットフーズ カナガン

グレインフリー高タンパク質ドッグフード カナガン

全犬種 全年齢対応

2㎏袋

約16~26日分(小型犬5㎏の1日分約75g~120gで計算)

輸入代理店価格 ¥3,960(税抜) 定期購入で10%割引あり(1袋ずつ定期購入の場合送料税込¥4540)

1日あたりの食費 ¥175~(小型犬5㎏の場合)

上記ピッコロと同じ輸入代理店が輸入している通販専用ドッグフードです。

イギリスのシンプリーペットフーズ社が、欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の厳しい基準を満たす工場で作っている「カナガン」ブランド商品から全犬種・全ライフステージに対応する1種類のみ(現地では肉類の種類で5種類、ステージ別に4種類ほどある)輸入し、代理店が通販のみで販売しています。

欲を言えば、もうちょっと高級なダック&ベニソンを輸入してもらいたいところですが…現在は自由に遊ばせている平飼いチキン原材料のものだけになります。

カナガンの商品内容

商品名 粗タンパク質 高GI値商品 主な原材料(多い順に3つ)
カナガン フリーランチキン 33% 原材料の5番目でポテト使用 骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ

Nelsons Pet Food ネルソンズペットフード

グレインフリー高タンパク質ドッグフード ネルソンズ

全犬種 成犬用

5㎏袋

約47~66日分(小型犬5㎏の1日分約75g~105gで計算)

輸入代理店価格 ¥7,800(税抜) 定期購入で10%割引あり(1袋ずつ定期購入の場合送料税込¥8,272)

1日あたりの食費 ¥125~(小型犬5㎏の場合)

上記カナガンと同じ輸入代理店が輸入している通販専用ドッグフードです。

イギリスのネルソンペットフード社で作られたドッグフード「ネルソンズ」は、イギリスにおけるビーグル犬のトップブリーダーが自らの愛犬のために開発したドッグフードです。

5㎏入りと量が多いので、中型~大型犬にも、小型犬だけど配達がひんぱんなのは面倒という方にもおすすめです。

超小型犬にはオメガ3・6脂肪酸の酸化の観点からおすすめはいたしません。

ネルソンズの商品内容

商品名 粗タンパク質 高GI値商品 主な原材料(多い順に3つ)
ネルソンズ 30% 原材料の4番目でポテト使用 乾燥チキン(28%)、チキン生肉(20%)、サツマイモ

Kia Ora キアオラ

グレインフリー高タンパク質ドッグフード キアオラ

全犬種 全年齢対応

900g、2.7㎏、5㎏、9.5㎏

2.7㎏:約22~29日分(小型犬5㎏の1日分約93g~121gで計算)

楽天・アマゾンでの価格:¥6102~¥10,368

1日あたりの食費 ¥210~¥465(小型犬5㎏の場合)

ニュージーランドは世界的に優れた品質の肉、魚介、乳製品生産国です。

KiaOraは、自然のままの農園、豊かな恵みを提供するきれいな海、家畜に疫病のない非汚染国ニュージーランドの原材料で作ったフードです。

すべての肉原料は自然放牧で育った、抗生物質やホルモン剤などの薬剤を使用していない安全なお肉を使用しています

安全な肉原料は高評価ですが、原材料の3番目にポテトが書いてあるのがちょっと残念です。

キアオラの商品内容

商品名 粗タンパク質 高GI値商品 主な原材料(多い順に3つ)
ベニソン 30%以上 原材料の3番目でポテト使用 タピオカも配合 ベニソン生肉、乾燥ベニソン、ポテト
ラム 30%以上 原材料の3番目でポテト使用 タピオカも配合 ラム生肉、乾燥ラム、ポテト
グラスフェッドビーフ 30%以上 原材料の3番目でポテト使用 タピオカも配合 ビーフ生肉、乾燥ビーフ、ポテト

Timberwolf  ティンバーウルフ

グレインフリー、粗タンパク質34~38%の非常におすすめしたいドッグフードでしたが、販売終了になるようなので記載いたしませんでした。

基準値未満のドッグフード

残念ながら粗タンパク質が30%未満のドッグフードをグレインフリーのものとグレインフリーではないものに分けて調べた限りですがのせておきます。

タンパク質含量低いがグレインフリーのドッグフード

MogWan モグワン

  • 粗タンパク質基準未満(28%)

NOW FRESH ナウフレッシュ グレインフリーシリーズ

  • 粗タンパク質基準未満(24~28%)

ARTEMIS アーテミス オソピュアグレインフリーシリーズ

  • 粗タンパク質基準未満(24%以上)

BLISMIX ブリスミックス グレインフリーシリーズ

  • 粗タンパク質基準未満(24%以上)

Naturol ナチュロル

  • 粗タンパク質基準未満(23~27%)

タンパク質含量低くグレインフリーでもないドッグフード

ROYAL CANIN ロイヤルカナン

  • 粗タンパク質基準未満(商品によるが25%)米、とうもろこし、ビートパルプなど配合 保存料使用

BLUE ブルー

  • 粗タンパク質基準未満(商品によるが25%)玄米、大麦など配合

Pet Do ペットドゥ

  • 粗タンパク質基準未満(商品によるが23.5~28%)小麦、とうもろこしなど配合

馬肉自然づくり

  • 成分分析値の記載なし 玄米、大麦、黒米など配合

Drケアワン

  • 粗タンパク質基準未満(22.5%以上)玄米、大麦など配合

いぬはぐ

  • 粗タンパク質基準未満(22%)玄米、白米など配合

Moppy Professional モッピープロ

  • 粗タンパク質基準未満(商品によるが18~26%)小麦、米など配合

Hill’s ヒルズ

  • 粗タンパク質基準未満(商品によるが16.5~26%)小麦、とうもろこし、米など配合

 

お肉が欲しいワン!

ドッグフードのタンパク質含有量と1日当りの食費のまとめ

体重5㎏の小型犬で、どのドッグフードが1日当りどのくらいの食費になるのか表でまとめました。

おおよその目安として考えてくださいね

シリーズ名・商品名 粗タンパク質 高GI値食品 1日当りの食費
ジウィピーク エアドライ 35~45% なし ¥400~750
オリジン 38~42% なし ¥194~204
ファインペッツ極 36% ごく少量 ¥228
ケーナインナチュラル 35~48%(除パピー) なし ¥450
アカナ レジオナル 35% なし ¥188
アカナ ヘリテージ 31~33% なし ¥122
ニュートロ ワイルドレシピ 32~34% 少量 ¥107
ニュートロ レシピシリーズ 29~30% 少量 ¥169
ピッコロ 34% ごく少量 ¥151
カナガン 33% ごく少量 ¥175
ネルソンズ 30% ごく少量 ¥125
キアオラ 30% 少量 ¥210~465

当サイトおすすめのドッグフードはコチラ!

おすすめグレインフリー高タンパク質ドッグフードはコレだ!

いろいろと商品内容を調べ、表にまとめてみて、

このドッグフードならワンちゃんも喜ぶに違いない!

と思う商品を

  1. ワンちゃんが食べなくてとても困っている
  2. 高品質はもちろんだが、コスパも考えると
  3. なかな買いに行ったり注文したりできないので定期通販で

の3つのパターンで、それぞれおすすめのドッグフードを紹介いたします。

ワンちゃんがどうしても食べないときドッグフード

オオカミだったころの本能に目覚めて飛びつくこと間違いないのは、

ジウィピーク と ケーナイン

という、ニュージーランド産の ほとんどお肉! というドッグフードでしょう。

材料にも、作るときの手間ひまもかなりかかるので、お高いのはしょうがありませんが・・・

(ケーナインは、水かぬるま湯で戻してあげる手間もちょっとかかります)

もっと欲しがるのを抑えるのが大変かもしれませんね。

 

ジウィピーク と ケーナイン は楽天やアマゾンでも注文できます。

楽天市場のショップのご案内

ジウィピークを販売しているお店

ケーナインナチュラルを販売しているお店

アマゾンでの商品のご案内

 

高品質だが、コスパも良いドッグフード

ジウィピーク と ケーナイン がワンちゃんに最良のドッグフードだというのはわかるけど、

そこまでの金額はちょっと・・・

でも、うちの子には最高の食事を与えたい!

という方には、ドッグフードの三銃士 はいかがでしょうか?

我が家の大切な王子様、お姫様をお守りする力強い三銃士

見た目はドッグフードそのものですが、中身は質実剛健のお肉そのものという

オリジン アカナレジオナル アカナヘリテージ

の三銃士です。

小型犬ですと、1日の食費が120~200円で、最高の食事がご用意できます。

 

オリジン、アカナレジオナル、アカナヘリテージ、いずれも輸入代理店から直接購入できますので、新鮮なドッグフードをワンちゃんに与えることができます。

オリジンの公式ショップのご案内

オリジンジャパン公式ショップ

 

アカナレジオナル、アカナヘリテージの公式ショップのご案内

アカナファミリージャパン公式サイト

 

*三銃士の3番目はアカナヘリテージとニュートロワイルドレシピで迷ったのですが、ニュートロには高GI値食品であるポテトが入っているので、肥満・糖尿病にならないようにと考え、アカナヘリテージに軍配を上げました。

*お近くのペットショップ、楽天、アマゾンでご購入の方は、賞味期限の確認を忘れずにね♪ 市販のペットフードとしては高額なので売れ残っているものを買ってしまわないようにしましょう。

飼い主も楽ちんの定期通販ドッグフード

かわいいワンちゃんのためとはいえ、ドッグフードを買うのは重いし、かさばるし大変。

楽天やアマゾンで買えば届けてくれるのでいいけれど、たまに注文するのを忘れてて慌ててお店に買いに行くなんてことも・・・

そんな時に便利なのが、

決まった間隔で届けてくれる定期配送ドッグフード四天王

全年齢用の ファインペッツ極 カナガン

シニア用の ピッコロ

成犬用で大袋(5㎏)の ネルソンズ

です。

オリジンやアカナのように、肉原料の違いによるバラエティーがなく、違う味を試したりできないのが残念ですが、それを補って余りある高い能力とコスパを兼ねそなえています。

 

ファインペッツ極のご案内

初回1.5㎏袋を¥1,080+送料でお試しできます。

定期配送(オートシップと呼んでいる)による割引があります。

お届け周期がこちらの都合で選べます。

ファインペッツ公式ショップ(極をお選びください)

 

カナガンのご案内

定期配送による割引が受けられます。

お届け周期がこちらの都合で選べます。

いつでも休止・再開ができます。

カナガン公式ショップ

 

ピッコロのご案内

定期配送による割引が受けられます。

お届け周期がこちらの都合で選べます。

いつでも休止・再開ができます。

ピッコロ公式ショップ

 

ネルソンズのご案内

定期配送による割引が受けられます。

お届け周期がこちらの都合で選べます。

いつでも休止・再開ができます。

ネルソンズ公式ショップ

最後のつぶやき

ここまで真剣にワンちゃんのことを考えて、このサイトをお読みくださりありがとうございます。

人間の子育て中でもあるうちでシュナちゃんを迎える時には、おそらく通常の食事はアカナで、おやつにたま~にジウィかな?と考えています。

今現在、元気がない、食欲がない、便がゆるい、涙やけがひどい、毛質が悪い、糞を食べる、アレルギーのワンちゃんで、上記のグレインフリー高タンパク質ドッグフードを食べていない場合には、ぜひここでおすすめしているお食事に変えてあげてみてください。

きっとワンちゃんの目がキラッキラになりますよ!

コメントは受け付けていません。