インプラントは外科手術

トップページでもお話しいたしましたが、インプラントは通常の歯科治療ではなく、外科手術であるとの認識が医師側にも患者さん側にも必要です。

インプラントは外科手術

したがって、インプラントを行う場所は大病院の手術室とまではいかないまでも、専用の治療室、それが確保できないのであれば、インプラント手術時には他の患者さんの予約を入れずに治療室はインプラントを受ける方のみが手術を受ける状態であることが絶対条件となるでしょう。

なぜなら、『細菌感染の防止』が絶対に必要だからです。

細菌感染は、せっかく埋め込んだインプラントが抜けてしまう原因になるだけではなく、最悪の場合、細菌が脳に回って脳炎となり死亡してしまうこともあるのです。

実際、インプラントではありませんが一般歯科治療において、抜歯後の消毒が不十分なために脳に細菌が入り込み患者さんが死亡したケースもあります。

インプラントは細菌感染防止のため、閉鎖された安全な空間で行われなければならないのです。

同様に重要なのが、インプラント治療を行うスタッフです。

インプラント治療を安全に行うためには、『清潔域にいるスタッフ』『不潔域にいるスタッフ』を分けて考えなければなりません。

『清潔域にいるスタッフ』とは手術に直接たずさわるインプランター(インプラントを行う歯科医師)と、唾液や血液を吸うバキュームを持つ助手の2人です。

この2名は、細菌感染から患者さんを守るために自らも清潔域でのみ作業することが求められます。

一方『不潔域にいるスタッフ』とは、棚からインプラントを取り出したり雑用を行うスタッフです。

インプラント自体は、完全無菌状態で一本一本袋に入っているのですが、その袋の外側には細菌が付着しているかもしれません。

不潔域にいるスタッフが袋に入った状態のインプラントを清潔域に持込み、清潔域にいるスタッフが袋の中から無菌状態のインプラントを慎重に取り出すことで、インプラントは清潔な状態で患者さんに埋め込まれるのです。

インプラントは外科手術2

このようにインプラント治療には、医師、助手、不潔域にいるスタッフの最低3名のチームで取り組まないと、口の中で開いた歯肉の中や、穴をあけたあごの骨の中に細菌を感染させてしまうことになりかねないのです。

不安な場合には、電話でインプラントを埋め込む時に担当するスタッフの人数を聞いておくのも良いかもしれません。